なぜ 今「居酒屋」なのか?

近年 「日本式の居酒屋」がリーズナブルな料金で様々な料理が楽しめるということで海外エリアでとても人気があり流行しています。
飲食店の需要を踏まえた今後の展開として 当道場で受講中の生徒さんからも居酒屋料理を教えて欲しいとの要望が非常に多く上がっています。

「新規で日本式の居酒屋をやりたいのでアドバイスが欲しい」
「今 経営しているラーメン店にサイドメニューを増やしたいのでレシピを教えて欲しい」

そんな皆様のご要望にお応えして食の道場では 居酒屋料理コースを開講します。
日本式の居酒屋料理を学び 是非とも成功をその手に掴んで下さい。

どんなことが学べるのか?

どの料理にも共通して言えますが 食材や手間暇をかければどのようなお店でもいいものは作れます。
しかし

「利益率を考え いかに簡単に かつ見た目にも凝った お客様に満足していただくメニューを増やせるか?」

それは長年の経験と修行を積み重ねた 道場の講師だからこそお伝えできる大切な事です。

このページ内に掲載されている料理の写真は 実際に実習で調理していただく予定の写真です。
写真にはそれぞれ国内の居酒屋で販売されている おおよその売価が書かれています。あくまでも目安の金額を書いていますが それぞれの料理の原価はいくらになるか計算したことはありますか?

食の道場の「居酒屋料理コース」は ただのお料理体験ではありません。
材料の原価から自店の売り上げの伸ばすための経営を学べます。
さらにお客様から「おいしい」「また食べたい」と言ってもらえるメニューを習得していただきます。

すでにお店を経営されてる方はサイドメニューのバリエーションアップに。
海外でこれからお店をスタートさせたい方も必見のコースです。

このページに掲載されている受講調理写真はほんの一例です。
受講されるすべて皆さんがマスターできる「売り上げ・来客アップに貢献できる」メニューをお伝えいたします。

受講コース紹介

居酒屋料理3日間コース

今なら開講記念につき期間限定 198,000円(税別) 

・経営の基礎~居酒屋メニューを約20品ほど実習します
 内容
1日目基礎(座学)
2日目調理実習
3日目調理実習

居酒屋料理5日間コース 298,000円(税別)

・経営の基礎~居酒屋メニューを約50品ほど実習します
内容
1日目基礎(座学)
2日目調理実習
3日目調理実習
4日目調理実習
5日目調理実習

※3日間・5日間コースは共に ラーメン講座受講と同時お申込みの場合は 50,000円引きの特典付き!

生徒さんにあわせてラーメンコースと同時受講でさらにプラスで学べる環境をご用意しました。

※合宿所利用や食の道場で使用する大量の食材費用は授業料に含まれています 。
※基本的な調理方法からお店の売り上げに貢献できるよう原材料からの原価計算を含めたアドバイスを授業内容に含んでいます 。

基本は3日間 または 5日間のコース受講になりますが 1日単位でご希望をお受けすることも可能です。(講師のスケジュールの都合もありますので 事前にご相談ください)

居酒屋料理の概要や基礎を学ぶことができます。
調理実習として刺身や天ぷら、餃子、出汁巻き卵、焼き鳥、串揚げなどの人気メニューを中心に20品以上 または50品の料理を作っていきます。

講師紹介

食の道場 講師:三間 賢志(みつま けんし)
調理歴:11年※長期にわたる店長・料理長歴 有
講師よりひとこと:料亭で飲食店の基礎を学び その後も約11年店長や料理長として修業を積んだ自分が 皆様の新しいスタートを応援するために居酒屋料理をお教えいたします。 経営者として数字に強く お店運営・継続のいろはを惜しみなくお伝えしますので遠慮なくいろいろと質問してください。卒業後もメニューの構成や店舗作りの相談などお気軽にご相談ください。食の道場としてアフターフォローもしっかり対応いたします。

座学の一部をご紹介

居酒屋料理コースではどのような座学を行っているか?その一部をご紹介いたします。

--------------------

人気店に共通するシンプルな答え。
それは安心感です。

長期的にお客様に利用していただくお店にするには「質の向上」が不可欠です。
それは「人」なのか「物」なのか?
すべてにお金をかければ解決できるわけではありません。
ピンポイントに「演出」ができれば お店に対して興味をもっていただけます。

まず大事なのは器(うつわ)です。
料理人でもあり美食家の北大路魯山人は「食器は料理の着物である。」と言葉を残しました。
どれだけおいしいものが提供できてもそれに見合う器でなければ演出はできません。

そのほかにも「お店のコンセプト」「最新のトレンド」「パフォーマンス」「独自のサービス」など お金をかけずに工夫できる点はいろいろあります。

この話の続きは ぜひ居酒屋料理コースを体験してください。