ここで培ったラーメンのノウハウを沖縄で十分に活かしたいです。

49期生 山城さん 今回、2週間という短い間でしたが、 多くのラーメンの知識を学びました。 自分は、約9年間、料理の仕事について 多くの知識、技術を学んできたつもりでしたが、 今回、道場で一から旨味成分、グルタミン酸や、 イノシン酸等を学べて、今後、居酒屋の料理にも活かし、 いい料理を作り続けたいと思いました。 また、今回は初の関東へ行って、 慣れない環境の中、一緒に頑張った仲間たちの支えを強く感じました。 やはり、人は人に支えられていると感じることのできた2週間でした。 基本的なスープの作り方や、旨味成分、 味の相乗効果の黄金比率はとても勉強になりました。 中でも、素ダレの配合は、数式で表されていて、 組み合わせ次第でオリジナルの素ダレが作れる点 とても良かったです。 先生方の教え方も分かりやすく、とても楽しい授業でした。 先生が作った、地鶏の清湯スープがとても美味しく、 沖縄に帰ったらやんばる地鶏を使用し、作ってみたいと思いました。 先生の徹底した温度管理、下処理はとても勉強になりました。 自分は炭の香りが好きで、 炭を使用し、焼いたチャーシューは、衝撃でした。 この技術を居酒屋にも活かし、 置換えて、創作料理にも取り入れて行く考えです。 もっともっとラーメンを食べて、 ラーメンを好きになり、貪欲に貴美を目指し、 ラーメンの事業に望まないと沖縄でも他の店に、 勝てないと思うので、研究、試行錯誤を怠らず、 日々努力する一心です。 ここで培ったラーメンのノウハウを沖縄で十分に活かしたいです。 「卒業生たちの声」一覧に戻る