ラーメンを一から学ぶ本気の15日間。

食の道場では、ラーメンのあらゆる調理法やレシピを、実際の繁盛店を経営している有名店主たちから手取り足取り、基礎から応用まですべてを習得していただきます。実店舗形式での販売授業も体験できるので、自作ラーメンや独学では得られにくい、お客様の生の声を集めることができます。

修了生にはラーメン王・石神秀幸氏からの卒業修了証書を授与!国内外を問わず数多くの人気ラーメン店を世に送り出してきた「食の道場」の修了証書は、開業後のブランド作りの強力な武器となることでしょう。

コースの流れ

1日目:入校式・事業資金の話(座学)
初日は税理士が講師となり、資金調達や公庫の融資、事業計画書の書き方、ローン、リースなどについてお話します。
2日目:ラーメン基礎(座学)
ラーメンに関する基本的な知識を身に付けていただきます。
3日目:清湯の基礎(実技)
清湯(ちんたん)といわれる澄んだスープを使った基本的なラーメン(醤油・塩)を作ります。
4日目:白湯の基礎(実技)
白湯(ぱいたん)といわれる白く濁ったスープを使った基本的なラーメン(醤油・塩)を作ります。
5日目:清湯の応用(実技)
基礎の清湯をもとにあらゆる味のバリエーションを展開していきます。
6日目:白湯の応用(実技)
基礎の清湯をもとにあらゆる味のバリエーションを展開していきます。
また、煮豚チャーシュー、つるし豚チャーシュー、レアチャーシューなど、流行りのチャーシューの作り方も学びます。
7日目:復習(座学)
これまでの実技がすべて頭に入っているか復習を行います。
8日目:濃厚豚骨魚介(実技)
濃厚豚骨魚介ラーメンをもとにあらゆバリエーションのラーメンを展開させていきます。
9日目:鮮魚(実技)
鮮魚ラーメンをもとにあらゆるバリエーションのラーメンを展開させていきます。
10日目:製麺(実技)
手打ち麺、製麺機を使った製麺を行います。
また、お店の内装や厨房機器、お店で使用する備品などについても学んでいきます。
11日目:レシピ作り(座学)
これまで学んだ内容と、自分のコンセプトをもとに、机上でメニューの開発を行います。
メニューで使われる食材はすべて道場が仕入れを行うので、自由に食材を選択していただけます。麺についてもオリジナル・スープと相性の良い麺を考え、メーカーに特注します。
メニューの作成に合わせて、使用される食材の原価をもとに価格設定も行います。
12日目:試作(実技)
机上で作成したレシピを実際に試作していただき、味の調整を行います。
また、最終日の販売に備えオペレーションの練習も行います。オペレーションでは、声出しから、注文の受付、ラーメンを作って提供するまでの一連の動作を実際に行っていきます。
13日目:試作(実技)
オリジナル・メニューの試作を行います。
次の日の販売に備え、近隣でのビラまきも行います。
14日:一般販売(実技)
一般のお客様をお店に招き、ラーメンを販売します。注文の受付からラーメン作り、お客様への提供まで、すべてのオペレーションを1人で行います。
お客様にはアンケートを記入していただくので、自分が開発したメニューの反応をその場で知ることができます。1人30食分を用意し、完売し次第修了となります。
15日:最終テスト・卒業式(座学)
今日までの全ての内容についてテストを行います。
最後に、修了証書の授与を行い卒業となります。

※1日の授業時間は、9:00~17:00までが基本となります。
講師によっては修了が18時くらいまでになる場合もございます。